banner

会社の履歴書

会社設立と会社の履歴書について

会社設立の目的は言うまでもなく何らかの事業を行うことです。世の中に対して何らかのサービスを提供し、社会の役に立つ対価として金銭を受け取り、それを生活のために使ったりさらなる事業の発展に使用するのが会社設立を行う目的なのです。

そのため殆どの事業は誰かの役に立つ物やサービスの販売を目的としたものになっています。しかしそのような物やサービスはどんなに良いものであっても利用してもらう側に知ってもらわなくてはどうすることもできません。

そのため会社や会社の提供しているサービスや商品難度を説明する必要性というのは非常に大きなものになるのです。

会社設立後にはパンフレットを持って案内をする必要が生じるでしょう。そこには一般的に提供しているサービスの内容などの紹介とともに会社設立前後を含めた会社の履歴書の様な資料をつけるのが一般的です。

沿革と呼ばれることもあるこの様な資料を見ることによってその会社が積み重ねてきた歴史を知ることができるのです。

沿革は長く事業を続けていればいるほど厚みを増すものになりますが、会社設立直後の場合には殆どかけることが無いのも現実です。この様な情報が会社の履歴書として多くの人に知ってもらうために使用されるのです。

しかし重要なのはその会社が何を行ってきて何を行おうとしているのかという点に尽きます。

会社の歴史というのはその様な活動の結果ついてくるものですので新規に会社設立をした人が気にすることではないのです。その様な場合には沿革の代わりに事業計画書を利用するという手段もあります。

事業計画書というのは今後どのよう脳事業を拡大していくのかという具体的な計画をまとめたものであり、この会社がどのような方向を向いて活動しているのかを明確に示すものになるでしょう。

企業間取引の場合にはこの様な情報がとても重要になりますし、金融機関から融資を得る場合にも重要であると言えるでしょう。

この様な書類は履歴書とは異なりますが、将来に向けてこの様なことをしていきたいという志を示すものになります。

起業の場合には歴史が無いことはマイナスイメージにつながります。積み重ねられたノウハウはそのまま信頼につながり、新参の企業に対して超えられない壁を建てることになるでしょう。

それを打ち破っていくためにはこれまでにない斬新な発想が要求されることになります。それを示すチャンスが事業計画書にあると言えるでしょう。

Copyright(c) 2014 会社設立を格安で済ませるための方法を学ぶAll Rights Reserved.