banner

会社設立と年金

会社設立と年金等の福利厚生

サラリーマンとして企業に勤めている方にとって、当たり前のように毎月支払っているのが年金保険料です。給与から自動的に天引きになっていることがほとんどですので、自分が考えていなくても自動的に支払いが済んでおり、特に気にも留めたことのない方も多いのではないでしょうか。

これらをはじめとする各種の福利厚生は、自分自身が働いている身であるとするとなかなか実感する機会は少ないでしょう。しかし、福利厚生は雇用されて働いているみなさんを陰ながらささえている大変重要な制度なのです。

みなさんがもし今後会社設立を行うつもりであれば、これらの福利厚生に関する部分は特に気に留めておいて、きちんと完備するように心がけましょう。

雇用される方にとってこれらの完備がきちんとされているということは安心感を持って働くことができる職場であるということ意味し、万が一の場合にもきちんとした保証をうけることができる会社なのだという判断基準になるのです。

たとえば、会社設立と同時に年金基金に加入していなかった場合、そこで働く社員は自宅に届く支払い依頼書を持って毎月銀行などに納めに行かなければなりません。

また、それによってもらえるのは基礎年金だけですので、老後の生活をそれだけで営んでいくことは到底できないのです。会社としてきちんと制度に加入しなければ、社員の将来の安全は確保できないということがいえるでしょう。

会社設立においては創業当時から働いてくれる社員の存在は大変大きく、将来的には幹部となってみなさんの右腕として長く働いてほしい人材もいることでしょう。

その方々につまらないことで不信感を与えてしまうことがないように、よく会社の環境を整備して気持ちよく働くことができる環境を整えてください。また、会社設立によってみなさんは雇用主となり、社員が万が一けがをしてしまった場合などの責任を負わなければなりません。

労災保険料などをきちんと納めていないと、そのような事態に陥った時に困ってしまうのは実は皆さんご自身なのです。

ですから、自分の身を守るためにもこれらの福利厚生関係は、会社設立と同時にすべて完備しておくようにしましょう。社員満足度の低い会社は将来性はありません。その分給与が驚くほど高い等であれば話は別ですが、会社設立当初はそのようなことはまずないでしょう。ですから、きちんと体制を整えて、社員を受け入れるための準備を会社設立前から行いましょう。

Copyright(c) 2014 会社設立を格安で済ませるための方法を学ぶAll Rights Reserved.